色々な方法

目

その人の目に合った方法

二重整形と言うと、埋没法と切開法の2つに分かれており、どちらかの方法を選ぶ事は良く知られています。両者の違いはまぶたを切開するかどうかという事、費用、ダウンタイム等ですが、基本的にはその人のまぶたに合った方法を選ぶべきです。また、二重整形をしたい時に知っておくと良いのは、埋没法にも何種類もあるし、切開法にも何種類も有る事です。例えば埋没法の場合は医療用の糸を利用して施術を行いますが、その場合、糸を留める場所の数でも仕上がりが変わってきます。また切開法も全体的に切開する全切開で対応する場合もありますが、まぶたを1mm程度切開する部分切開で対応する事も有ります。だから、全て同じ方法という訳ではなく、その人のまぶたを良く見てどの方法が最も適しているか判断してからの施術となるのです。もちろん選ぶ方法によっても費用は大きく変わって来るし、術後のケアでも別料金が発生すると言う事も有り得ます。予算がある状態で二重整形をすると言う時は、自分の予算の範囲内で施術が出来るかどうか、ローンは利用可能かという事も調べておきます。二重整形は、審美面を重視した治療なので全額自費となるため、その費用は病院によっても違います。また切開法と埋没法でも費用が違って来るので、どの人でも同じだけの金額を払うと言う訳ではありません。また二重整形自体は、その人の目の状態に合わせて適切な方法が選ばれる為、切開と縫合をするだけで良い場合もあれば、まぶたの脂肪を取る場合もあります。通常手術をした後のダウンタイムは埋没法であれば1週間程度、切開法は3か月程度かかる事も少なくありませんが、徐々に傷は目立たなくなります。また、病院で許可が出ればメイクをしても構わず、丁寧に冷やし体に負担を掛けないようにすればダウンタイムが短くなる事も有り得ます。また、埋没法の場合は糸で止めているだけの状態なので、その二重の幅が気に入らない時はやり直しも可能な場合もあります。さらに二重と言ってもいくつかのラインがあるので、患者が希望するラインの状態によっては二重だけでなく蒙古ひだを取り除き開する方法を併用での対応も可能です。