華やかな印象を手に入れる

看護婦

選ぶ仕上がりとクリニック

二重まぶたといっても、大きく3つのタイプがあります。1つは目尻から目頭まできっちりと分かれている平行二重です。このタイプは目が大きく見えて、芸能人にも多いので希望する方も多いですが、あまり幅が大きすぎると不自然だったり、眠く見えるというデメリットもあります。2つ目は末広型と言って、目頭は一重のようになっていて、目じりに行くにしたがって幅が広がってきます。自然な印象でぱっちりとした印象も与えつつ、落ち着いたイメージもするので多くの方に似合います。最後は奥二重で、目を開けている状態だと一重やごく細い幅のまぶたに見えますが、瞬きしたり、目と閉じるとラインがはっきりとわかる状態です。わざわざ施術をしたい方は平行二重か末広型を希望する場合がほとんどです。まぶたの脂肪や皮膚の状態によって異なってきますが整形の費用は相場があります。手術方法は埋没法と切開法があり、埋没法だと医療用の糸で二重の癖をつけるだけなので切ることはありません。一方、切開法だとメスでまぶたを切るのでその分費用も高いです。ただ、多くのクリニックでは整形用に医療ローンを用意していますので、それを利用することもできます。二重まぶたの手術を行ってくれるクリニックも数多くあります。その中から自分にあった、信頼できるクリニックを選ぶのが実は一番大切なことです。ホームページで希望の施術を扱っているか、実績があるかも重要です。経験が多いほど、いろいろなパターンに対応できますし、一人一人に合わせた判断ができます。このほかにも二重まぶた手術を行った方の口コミを見てみるのも選ぶコツです。多角度からクリニックを見ることができるので、トータルで安心できるかどうかチェックできます。選ぶ時には費用も重要です。周りのクリニックに比べあまりにも高額だったり安すぎると、その分しわ寄せがあるかもしれません。費用が安いからだけで選ぶのは危険です。整形には医師のスキルも重要ですので、経験値やカウンセリングへの取り組み方も見逃せません。二重まぶたの整形は行う方も増えているので扱っているクリニックは多いですが、その分、クリニック全体や医師の質を見極めることが重要です。前もって情報を集めてから慎重に選ぶようにしましょう。